【Google Adsense】合格までの道のり体験記【三度目の正直】

成功と失敗の分岐点 ブログ運営
スポンサーリンク

Twitterでは既につぶやきましたが、つい先日ようやくGoogle AdSenseの合格メールを頂くことができました!

残念ながら画像が更新されてしまったのか、ネットで有名なポップコーンメールではなくお姉さんの画像でした。

とはいえ3回の申請かつ回答まで結構待ったということもあり、合格メールが届いた時は喜びよりも驚きと疑いの気持ちの方が先に出てきてしまったのは内緒です。笑

今後AdSenseに申請を行う方もいらっしゃると思いますので、私のAdSense体験記を残しておきたいと思います。

ちなみにAdSenseの申請方法についてはググればたくさん出てきますので、この記事ではあまり詳細な部分は紹介しません。

「申請が終わったけど今後どうしたらの?」「不合格になったけど再申請どうしよう?」といった方にお読み頂ければと思います。

Google Adsense申請時

まずは初回のAdSense申請時の情報からご紹介。

ブログ開設2019年1月5日(ドメイン取得も同日)
日時2019年1月14日
記事数9(平均3,000文字程度)
カテゴリ営業、ビジネス、ブログ運営の3つ
固定ページ問い合わせ、プライバシーポリシーの2ページ
Analytics設置済み

Twitterを見ていると、上記よりも少ない記事数で合格されている方も見受けられたので、9記事あればいけるんじゃないか…という気持ちで申請を行いました。

記事に関しては「営業」というところに的を絞りつつ、ビジネス、ブログ運営といった3カテゴリで記事を作成していました。

問い合わせページについてはプラグインを利用して作成、またプライバシーポリシーについてはコピペOKなページから拝借し、一部を自分の言葉に書き換えたような感じで作成しました。

1度目の合否回答

上記のスペックで申請してから、結果を待つことちょうど2週間。2019年1月28日に結果が届きました。

早い人で数時間や数日で結果が届きましたなんて話を目にしていたので、正直1週間が過ぎてからは半ば諦めていた部分はあったのですが、結果の通知が届くまではメールチェックの頻度は増えてしまっていましたね~。

この間の「焦らしプレイ」とも言える何も起きない時間が長いことが、今回一番苦痛だったかもしれません。

調べてみると、グーグルさんに審査状況について問い合わせを行うことも可能という事を知ったのですが、私は結果の通知が来るまでは待ち続けるスタンスで臨みました。

問い合わせしてマイナス評価になったりしたら嫌だな…という理由で、問い合わせができなかっただけという小心者な理由もありましたが、問い合わせをしようがしまいが回答されるまでの時間はそんなに変わらないだろうという気持ちもあったためです。

さて、私も焦らしてしまいましたが、1回目の申請に対する結果については、「不合格」でした。

件名が「AdSenseへのお申し込みの状況について」だったので、メールを開く前から何となく察してしまいましたよね…。覚悟していたとはいえ正直ショックもありました。

不合格の理由に関しては、「ポリシーの違反」や「良質な記事が少ない」というものでした。

文字数だけを見れば、平均で3,000文字以上の記事を作成していたので、良質な記事が少ないとあったのにはかなりへこみましたが、いやいや、そんなことはないはず!と自分を奮い立たせて一旦は無視することに…笑

この通知を受け取るまでにも記事は更新し続けていたので、記事数は合計17になっていました。

2度目の申請と修正点

上記のように「良質な記事が少ない」という指摘に関しては、一旦自分の中では無視をしつつ、引き続き記事の作成を継続していくことで対処していくことを決めました。

もう一点の「ポリシー違反」に関しては、不合格通知を受け取ってから詳しく調べて対策を行った形です。

例えば「著作権に反する画像が表示されていた」や「ポリシー違反となる内容について記事で言及されていた」などが当てはまるようでして、私の場合も恐らくこの部分で意図せぬ違反をしてしまっていたのではないかと思います。

この時はポリシー違反を回避するために、以下の方法を取りました。

①記事中の外部リンクを外す

②外部リンクや画像を多用している記事の公開をやめ、下書き状態に戻す(3記事下書きへ戻しました)

ちなみに画像については全てフリーサイトから取得しておりましたが、記事中に複数枚貼っている記事については下書きに戻しました。

上記の対策をおこなった後、不合格通知が来てから3時間後には再申請を行いました。

早すぎかも…とは思いましたが、1回目の申請時に結構な時間待ったので、どうせ待たされるならさっさと申請してしまおうと考えたためです。

ちなみに再申請を行った30分後、「審査はいつでもリクエストしていただけます」とのメールがグーグルから届きました。

ちゃんと申請できていなかったのか?と焦らされましたが、申請自体はきちんとできていました。

これは不合格者に届く定型文のようなものなのでしょうか。私の場合は入れ違いで連絡がきた形でしたね。

2度目の合否回答と再々申請

これは1回目と比較して早めに結果が送られてきました。

2019年1月31日に結果通知がなされたので、およそ3日後ですね。1回目の2週間と比較すると非常にレスポンスが早かったです!

ですが結果は残念。またしても不合格。

ええ、見覚えのあるメールの件名で察しましたよ。

1回目の時と比較して精神的なダメージはそれほど大きくなかったにしろ、やっぱり気分の上がるものではないですよね。

しかも今回の審査での不合格要因が「サイトが見つかりませんでした」というもの。

マジか、この前はこのサイトできっちり不合格審査をしてもらっているのに見つからないだと!?

そんなことがあるはずはない!!ということで、そのまま何も修正せずに再申請を行いました。

ちなみにここまでの時点で新しく記事は2つ追加している状況でした。(2記事とも外部リンクは無し)

ようやく…!3度目の正直

そして再々申請から2日後、今までよりも一番早くグーグルからの返信が。

件名も「お客様のサイトでAdSense広告を配信する準備が…」なんて書いてあるじゃないですか!!

仕事で疲れて帰ってきてからのメールチェックで知ったので、一日の疲れも半分ぐらい吹き飛びましたね!

同時に合格する時はこんなにもあっさりなのかとも思わされた瞬間でもありました。笑

まとめ

ここまでが私のAdSense合格までの体験談です。

これから初申請される方も、今も再申請で戦っておられる方も、上記の中で気づきになるようなことがあれば非常に嬉しいです。

正直、自身の合格までの対策として具体的に行ったことと言えば、「外部リンクを貼らない方が良い」ということぐらいかなーとは思いますが、、皆さんもお気を付けください。

それではまた次回!

コメント